石狩川治水100年 写真展


石狩川治水の100年を振り返る

 恵みをもたらし、時としてキバをむく母なる川「石狩川」。

 人と川は深い関係を保ちながら私たちの生活があります。

 石狩川は明治31年の大洪水を契機に、明治43年第1期北海道拓殖計画の目玉事業として本格的な治水事業に

 着手しました。平成22年は石狩川治水100年となりました。

 川とともに発展した人々の記憶を写真で紹介します。

 これからの人と川の再構築を皆さんも考えてみませんか。

 その他の関連情報はこちらをご覧下さい。→札幌開発建設部 石狩川治水100年(外部リンク)

■写真展MENU

 ※写真素材は、教育・河川啓蒙活動の利用に限り使用許諾致します。

  写真ご利用希望の際は、当財団までお問い合わせの上、ご利用下さい。

1.分け入る・開拓

2.川の恵み

3.渡る~橋・船~

4.水害

5.治水

6.生活